お問合わせ

製品情報
DAYDA.LabooⅡ

DAYDA.LabooⅡ

DAYDA.LabooⅡシリーズは、複数台のPCにインストールされた各種開発機能付きGUI(※1)から、サーバー上で稼動するLFMエンジンを使用できるようにしたものです。

複数のクライアントが、大きなサーバー資源を分け合って使用できるため、Aktblitz使用時よりもさらに大きなデータを複数のユーザが操作できるようになります。
(DAYDA.LabooⅡは、パーソナルユースのAktblitzをコーポレートワイドに使用できるようにしたものと考えることができます。)

DAYDA.LabooⅡのクライアントは32ビット及び64ビットのプラットフォームで稼動し、DAYDA.LabooⅡのサーバは64ビットのサーバー上で稼動します。

※1 操作記録がマクロ言語およびJavaプログラムになり、これらを実行することができます。

DAYDA.LabooⅡの特徴

超高速処理

独自LFM技術により、大規模データをメモリ上にリアルに展開して処理するため、表示・検索・ソート・集計・JOIN・演算など超高速処理を行います。

大規模データの取り扱い

10万行から1億行(64bitPC時)迄、幅広いデータレンジに対応。

外部データ連携

テキストファイル(カンマ区切り,Tab区切り)、OracleDB、SQLServer、Excelとデータ入出力が可能。(Excelは出力のみ対応)

マクロ

操作結果ログをマクロとして再利用することにより、バッチ処理の構築が可能。

操作結果のマクロをワンタッチでJavaプログラムにコンパイルし、テスト済みのライブラリ(部品化)として登録可能。このライブラリを使用することにより、ユーザのバッチ処理業務プログラムを容易に、短期間で作成することが可能。

API

約100個の豊富なAPIを提供。

DAYDA.LabooⅡ

DAYDA.LabooⅡの基本的な動き

テキストファイル(カンマ区切り,Tab区切り)、OracleDB、SQLServerデータを独自のデータ構造(D5Tファイル)に変換・読込を実施し、独自GUI(LIFIT)からの操作でデータ加工、集計処理を行う。

動作環境

製品名 DAYDA.LabooⅡ32 DAYDA.LabooⅡ64
CPU x86 x64
CPU数 1~4 1~8
利用可能メモリサイズ 1GB~2GB 1GB(推奨 8GB)~1TB
HDD 350MB(別にデータ領域が必要)
OS
  • ・Windows 2000 SP4
  • ・Windows XP SP2
  • ・Windows 2000
  • ・Red Hat Enterprise Linux4 Update5(サポート予定)
  • ・Windows XP Professional x64Edtion
  • ・Windows 2003 x64 Edition
  • ・Red Hat Enterprise Linux4 Update5
ディスプレイ 800 × 600以上  256色以上
ネットワークカード 10M/100Mbps
(DAYDA.LabooⅡを起動して立ち上がったプロセス1つにつき1port使用)
データ処理行数 1千万行 1千万行~20億行
同時実行可能JOB数 1~8 1~32

ページトップへ